石森市長HPトップ画像

復活から成長へ

石森市長HPトップ画像

復活から成長へ

活力のある魅力あふれるまち

インフラと産業・観光

1

まちのインフラ整備と中小企業支援

産業交流拠点の整備

広域的な産業交流の中核機能を担う産業交流拠点整備(令和4年完成 予定)や保健所跡地への広場整備など、多様な都市機能を集積させた 旭町・明神町地区の一体的再開発の推進

MICE都市推進

・「八王子MICE都市推進センターを設置」し、MICE誘致を加速
・MICE計画が東京都などによる「多摩ビジネスイベンツ重点支援 エリア」として指定

八王子南口集いの拠点整備(医療刑務所跡地整備)

・広域防災機能と共に、誰もが心地よく充実した時間を過ごせる 「サードプレイス」になることを目指し基本計画を策定

JR八王子駅マルベリーブリッジの東・西放射線への拡張

圏央道と八王子南バイパス

・圏央道の整備効果を活かした川口物流拠点整備と北西部幹線道路と 八王子南バイパスの整備を促進

中小企業支援

・新たな分野への展開をめざす企業や、社会課題をもの作りにより解決 しようとする企業を支援するため「新産業創出センター」を開設
・「はちおうじ就職ナビ」掲載企業に就職した場合に住民税相当額を キャッシュバックする「中小企業次世代人材確保支援制度」を創設
・対象業種の拡大や市内企業向けの奨励金の再編などを実施し、企業 立地を促進(指定事業者数:累計123件)

農商工連携支援の取組(農業の6次産業化を推進)

観光資源の整備と発信力強化

・高尾山の豊かな自然や歴史、文化を官民一体で未来へ継承するための 「高尾山応援基金」へ出資
・滝山三城(滝山・高月・戸吹城)の魅力を活用したハイキングコース を整備
・八王子観光PR特使と名誉観光大使、観光大使を新たに委嘱

住民主体のまちづくりを支援

・市街化調整区域の活力向上のために制定した「沿道集落地区の活力 向上に向けた適正な土地利用に関する条例」を活用し、住民主体の まちづくりを支援

ブランドメッセージ「あなたのみちを、あるけるまち。八王子」 の作成など、シティプロモーションを推進

高齢化や都市機能の老朽化が進む多摩ニュータウンについて、 今後の施策展開や将来像を示したまちづくり方針を策定

健全な財政運営

・市債残高347億円削減、基金(預金)残高は過去最高を更新する 261億円、市税徴収率も過去最高の98.3%(すべて2期8年)
・資産や負債のストック情報やコスト情報を網羅する新地方公会計 制度(東京都方式)を導入
・市長の退職金廃止条例施行(2期4千万円削減)

安全で安心して暮らせるまち

子育て・福祉・医療・防災

2

次世代を担う子どもたちのために
市民の暮らしを守るために

次代を担う子どもたちのために

・妊娠期から子育て期までの長期的かつ切れ目ない支援を行う 「八王子版ネウボラ」を推進
・安全な出産のために「HIV抗体検査」と「子宮頸がん検診」の 助成を開始
・待機児童解消のために、保育定員を1900人増。待機児童数は 26人まで圧縮(2期8年で460人減)
・子どもの居場所づくりのために、学童保育所と放課後子ども教室 の整備を一体的に推進
・「子どもの生活実態調査」により、不足する体験活動の充実や ひとり親への支援などを追加
・市内のすべての中学校で温かい給食を提供するために、給食センター の整備を開始(令和2年度に先行2施設で提供開始)
・グローバル社会と情報化社会への対応のため、英語教育及び情報 教育を充実
・安心して生活し、健やかに成長することができるよう「いじめを 許さないまち八王子条例」を制定
・「地域とともにある学校づくり」を進めるために市立小中学校全校 に学校運営協議会を設置

福祉と医療の充実

・がんの早期発見、死亡率の減少をめざし、胃がん検診に内視鏡検査 を導入
・大腸がん検診における精密検査受診率を向上させるため、一人一人に あった個別の働きかけを実施。受診結果によって、報酬額が変動する 成果報酬型官民連携事業を導入
・新保健所の整備を促進(令和4年開設予定)
・「高齢者あんしん相談センター」の21圏域への設置が完了(令和 2年度予定)
・「地域福祉推進拠点」を8カ所設置(令和元年度)
・認知症グループホームの利用者負担軽減の助成を開始
・障害者雇用をさらに促進するため「障害者支援企業表彰制度」を創設
・障害のある人もない人も共に安心して暮らせる八王子づくり条例を
改正し、市の施設を管理する指定管理者などへ障害に応じた社会的 障壁の除去の義務付

市民の暮らしをまもるため防犯防災力を強化

・小学校の通学路や商店街、町会・自治会の防犯カメラ設置を助成
・周辺環境に悪影響を及ぼす「特定空家等」について、情報管理の ためのシステムを構築
・北西部の消防力の強化とともに、消防力の配置バランス確保のため、 八王子消防署楢原出張所を設置
・緊急時の情報伝達機能の強化のための防災行政無線のデジタル式への 更新を完了(令和元年度)
・災害発生時に適切な避難行動を促すため、総合防災ガイドブックを 作成し、全世帯へ配布
・大阪北部地震被害を鑑み市施設と通学路に面したコンクリート ブロック塀への対応を実施
・大規模災害発生時の被災者の生活再建を迅速に行うため「被災者 生活再建支援システム」を導入

市民が集い水と緑に恵まれたまち

子育て・福祉・医療・防災

3

協働によるまちづくりと
次なる八王子の100年に向けて

協働のまちづくりのパートナーである町会・自治会の活動支援を強化

・地域住民が支えあい。心豊かに安心して生活することができるよう 地域活動を支援し、地域コミュニティの活性化を推進するため 「町会・自治会の活動活性化の推進に関する条例」を制定
・町会・自治会活動支援を充実
・公共施設の再編を契機として、地域で課題を共有し、解決していく 「地域づくり」を推進

八王子の豊かな自然を次世代へ継承

・「地域地球温暖化防止活動推進センター」を設置し、市民・事業者と 連携した温暖化対策を推進
・戸吹清掃工場で発電した電力を市役所本庁舎などへ送電する「自己 託送」を開始
・人口50万人以上の都市でごみ排出量の少ない自治体第1位
・市内2工場体制の構築のため新館清掃工場の建設に着手(令和4年度 開設予定)
・災害に強く、環境にやさしい下水道づくりのため、本市下水道を 多摩川流域下水道秋川処理区へ編入(令和2年度完了予定)

市制施行100周年記念事業を挙行 次なる八王子の100年に向けて

・中心的事業として全国都市緑化はちおうじフェアを開催
・故肥沼信次博士ゆかりのドイツ・ヴリーツェン市と友好交流協定を 締結
・北条氏ゆかりの小田原市、寄居町と姉妹都市の盟約を締結
・新八王子市史全14巻を刊行
・次世代に八王子の夢と希望をつなぐため、8つのテーマでビジョン フォーラムを実施 (生涯学習・みどりのまちづくり・生活文化創造 都市・スポーツ推進・文化芸術・健康福祉・歴史伝統・安全安心 フォーラム)

スポーツ環境の整備のため富士森公園陸上競技場を改修するとともに アーチェリーなどが実施可能な屋内運動施設を整備

スポーツの国際大会と東京2020オリンピック・パラリンピック大会への 取組

・米国スポーツクライミング統括団体「USA CLIMBING」の事前 キャンプを誘致
・アメリカ合衆国のホストタウンに登録。大会後も市民団体などの相互 交流を継続
・スポーツクライミングの国際大会「IFSCボルダリング・ワールド カップ」を連続開催
・国内初開催となる「IFSCクライミング世界選手権2019八王子」を 誘致

事務所ご案内

    • 魅力あふれる八王子をつくる会
      〒192-0081 東京都八王子市横山町15-2

    042-696-3558

    042-696-3576

    info@ishimoritakayuki.jp

入会のご案内

魅力あふれる八王子をつくる会 入会希望の方は、下記PDFに必要事項を記入して、FAXにて送付ください。

ご意見・お問い合わせ